ローソク足について学ぶ チャートの見方を覚えよう

  • 2021年3月18日
  • FX
FX取引で避けては通れないチャート画面
何をどう見たらよいか分からないなんて悩んでいませんか?
今日は初心者にオススメのローソク足チャートについて解説していきます
そもそもFXのチャートとは一体何なのでしょうか
チャートとは為替相場の値動きを表したグラフのことです
このチャートを見れば過去に為替相場がどう動いたが今はどんな動きをしているのか、売買のタイミングはいつかなどの重要な情報を視覚的に捉えることができます
チャートにはローソク足チャート、バーチャート、ラインチャートの3つの種類があります
今日はFX市場で最も使われていて初心者にもおすすめのローソク足チャートについて解説していきます
ローソク足チャートの解説に入る前にチャートの基本について押さえておきましょう
まずはチャートの縦軸と横軸についてです
縦軸は各横軸は時間を示しています
例えば米ドル円のチャートであれば縦軸は1ドルが何円で取引できるか、横軸では年日付時間を示しています
縦軸が上にいくほど円安になり下にいくほど円高になります
また横軸が左に行くほど過去のチャートに遡れます
次に時間軸についてです
チャートは1年単位から1分単位までのいくつかの期間ごとに表示させることができます
よく使う時間地区は月足、週足、日足4時間足・1時間足、5分足、1分足の7つです
例えば1時間足に設定すると1時間毎の値動きが1本のローソク足で表現されます
なのでこれが24本並んでいると24時間分つまり1日分の値動きを表していることになります
そしてこれを日足に設定すれば1日の値動き
が1本のローソク足で表現されます
ここまでしっかり理解できましたか?
ではローソク足チャートの解説に移ります

ローソク足とは?

はじめにローソク足とは何か理解を深めていきましょう
ローソク足は江戸時代に日本で誕生したと言われています
ご覧の通りろうそくの形に似ているのでその名が付けられました
この本体の部分を実態、本体から上に伸びた線を上ひげ、下に伸びた線を下ヒゲと呼びます
皆さんローソク足が赤と会うの2色あることには気付いていますよね
赤が価格の上昇を表す陽線、青が価格の下落を表す陰線と呼ばれています
ただしこの色はFX会社や設定によって変わるので必ずしも赤と青ではないので注意しましょう
ローソク足は一定期間中の始値・高値・安値・終値という四本値を一つの足で表しています
ではまず実態の部分に注目しましょう

始値・終値・高値・安値

始値はローソク足が示す期間開始時の価格、つまりこのローソク足が作られた瞬間の価格を意味しています
線の場合は実態の下の辺が、陰線の場合は実態の上の辺が始めとなります
終値はローソク足が示す期間終了時の価格、つまりこのローソク足が確定する価格を意味しています
陽線の場合は実態の上の辺が、陰線の場合は実態の下の辺が終値となります
ということは陽線は終値が始値より高いレートで終わった足でローソク足が示す時間で価格が上昇したことを表し、陰線は終値が始値より低いレートで終わった足でローソク足が示す期間で価格が下落したことを表しているとわかりますね
続いて高値はローソク足が示す期間中に最も高かった価格のことを意味しています
陽線陰線ともに上髭の先端が高値となります
安値はローソク足が示す期間中に最も低かった価格のことを意味しています
陽線陰線ともにしたヒゲの先端が安値となります
木々が出ていないローソク足もありますがこの場合は実態の上の辺、下の辺が高値安値となります

ローソク足の基本形を覚えよう

もう少しだけローソク足について学んでいきましょう
覚えておくと役立つローソク足の5つの基本形を見ていきます
まずは大陽線と大陰線です
両方とも実態が長いのが特徴です
大陽線は始値から終値まで大幅に通貨の価格が上昇したときに表れ、買いの勢いが強いことを表します
価格が下落しているトレンド相場で大陽線が出現すると価格の上昇に転じるサインとも受け取れます
一方大陰線は始値から終値まで大幅に通貨の価格が下落した時に選ばれ売りの勢いが強い時に現れます
価格が上昇しているトレンド相場で大陰線が出現すると価格の下落に転じるサインとも受け取れます
次に小陽線と小陰線です
両方とも実態が短いのが特徴です
売りの勢いと買いの勢いが拮抗した状況で小陽線が買いが少しだけ強い状態、小陰線は売りが少しだけ強い状態を表します
最後に十字線です
実体がなく横一線になっているのが特徴です
十字線は始値と終値が同じ価格で表れ、売りの勢いと買いの勢いが拮抗した状況といえます
価格が下落を続ける相場に現れると
買いたい人が増えてきたサインなので、下落から上昇に転じる可能性が出てきます
逆に価格が上昇を続ける相場に現れると売りたい人が増えてきたサインなので上昇から下落に転じる可能性が出てきます
このようにローソク足の組み合わせを見れば今後の値動きを予想できるのでしっかりマスターしましょう